保育科(保育士コース、保育士・幼稚園教諭コース)

HOME > 保育科(保育士コース、保育士・幼稚園教諭コース)
昼間2年間でカリキュラム履修し、専門的知識および技術を学び、ボランティアや様々な実践活動を経験しながら、プロの保育者を目指します。

核家族や共働き夫婦の増加などを背景に待機児童が増えています。子どもや未成年者への虐待(児童虐待)についての相談件数も増加傾向にあります。保育者が直面する環境は、必ずしも微笑ましく、美しい状況ばかりではありません。保育科では2年間で保育士資格を取得する学生のための保育士コースと、保育士と幼稚園教諭免許を取得する学生のための保育士・幼稚園教諭コースがあります。いずれも昼間学ぶコースです。3回に分けて実施される保育実習や、幼稚園教諭免許取得のための教育実習、本校独自に設けている「保育実践/施設見学」等を通じて、さまざまな事例を具体的に学び、演じ、体験し、プロとしての現場対応力を修得していきます。

取得資格

保育士コース

保育士に特化したカリキュラムで即戦力となる人材を養成します。

児童館や放課後児童クラブで有用な児童厚生2級指導員資格も目指せます。

保育士 保育所を含む児童福祉施設で保育士として働くために必要な国家資格です。保育科全員が卒業と同時に保育士として登録を行うことができます。
専門士(称号) 一定要件を満たす専修学校を修了した者に授与される称号です。専門知識と技術を身に付けた証です。4年制大学への編入も可能です。

【取得目標資格】 

  • 児童厚生2級指導員
  • レクリエーション・インストラクター
  • 幼児体育指導員2級
  • カワイピアノグレード

保育士・幼稚園教諭コース

保育士コースのカリキュラムをベースに幼稚園教諭二種免許状取得に必要な科目を短期大学との教育連携にて履修します。

※本校入学と同時に連携先の短期大学にも入学となり、連携先に学則等の変更があった場合はそれに準じます。

保育士 保育所を含む児童福祉施設で保育士として働くために必要な国家資格です。保育科全員が卒業と同時に保育士として登録を行うことができます。
専門士(称号) 一定要件を満たす専修学校を修了した者に授与される称号です。専門知識と技術を身に付けた証です。4年制大学への編入も可能です。
幼稚園教諭二種免許* 幼稚園や認定こども園で、幼稚園教諭として働くために必要な資格です。二種免許は、短大・専門学校で所定の単位を修得することにより取得できます。
社会福祉主事任用資格* 社会福祉事業法第18条により、大学等において、厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業した者に認定される資格です。
短期大学士(学位)* 短期大学を修了した者に授与される学位です。学位取得後、関連業務経験2年で専修学校高等課程教員資格、4年で専門課程教員資格の要件を満たすとされます。

*短期大学との教育連携による単位修得にて取得できる資格

【取得目標資格】 

  • レクリエーション・インストラクター
  • 幼児体育指導員2級
  • カワイピアノグレード

カリキュラム

保育の内容や方法について理解を深め、必要な技能を身につけ総合的に実践する力を修得します。

意識の高いプロを目指して!不安をチカラに変える実習も充実。専門知識、技術を学びスペシャリストへの道を目指します。

教養科目 プロになるための基礎的教養を幅広く修得します。 必修 講義 体育講義
実技 体育実技
選択 講義 人間学/基礎教養/心理学/文章表現/憲法
演習 保育の英語/保育のポルトガル語/PC操作の基礎
保育の本質・目的
に関する科目
社会福祉や児童教育の専門職としての「保育者」を養成する上で基礎となる理論について学びます。 必修 講義 保育原理/教育原理/児童家庭福祉/社会福祉
社会的養護/保育者論
演習 相談援助
保育の対象の理解
に関する科目
児童の心身の発達や病気、心の問題等を学び、児童についての理解を深めます。 必修 講義 保育の心理学Ⅰ/子どもの保健Ⅰ・Ⅱ/家庭支援論
演習 保育の心理学Ⅱ/子どもの保健Ⅲ
子どもの食と栄養
保育の内容・方法
に関する科目
保育所及びそれ以外の児童福祉施設において保育を実践するために必要となる保育の内容や計画の具体的な展開について学びます。 必修 講義 保育課程論
演習 保育内容総論Ⅰ/健康/人間関係/環境/言葉表現/乳児保育Ⅰ・Ⅱ/障害児保育Ⅰ・Ⅱ
社会的養護内容/保育相談支援
選択 講義 児童館・放課後児童クラブの機能と運営
児童館・放課後児童クラブの活動内容と指導法
演習 保育内容総論Ⅱ
保育の表現技術 保育の内容を理解し、子どもの遊びを豊かに展開するために必要な知識や表現活動に関する技術を学びます。 必修 演習 身体表現Ⅰ/音楽表現ⅠA/造形表現Ⅰ
言語表現Ⅰ
選択 演習 身体表現Ⅱ/音楽表現ⅠB・Ⅱ/造形表現Ⅱ・Ⅲ
言語表現Ⅱ/表現総合演習/ピアノレッスンⅠ~Ⅳ
レクリエーション指導法Ⅰ/幼児体育指導法
保育実習 実習を通して、子どもや保護者とのかかわり、保育者としての役割等、現場でしか学べないことを経験します。 必修 実習 保育所実習/施設実習/選択実習
演習 保育所実習指導/施設実習指導/選択実習指導
選択 実習 児童館実習
総合演習 保育に関する内容を講義だけではなく、演習形式で学びます。グループワークなどを中心に学んでいきます。 必修 演習 保育・教職実践演習

【独自科目】 

教職に関する科目 保育士・幼稚園教諭コースの幼稚園教諭になるために必要なカリキュラムです。※教育連携先の短期大学の科目 選択 講義 幼児理解の理論と方法/教育相談/教育制度論
演習 教育の方法と技術
教育実習 選択 実習 教育実習
演習 教育実習指導
総合表現 さまざまな保育技術を演習形式で学び、実践力と表現力、指導力を高めます。 選択 演習 総合表現Ⅰ/総合表現Ⅱ
保育実践 実習に対する動機づけと各施設に対する理解を深め、充実した実習へつなげます。 演習 保育所・施設実践

実習スケジュール

時間割

 1限目 9:25~10:552限目 11:05~12:353限目 13:20~14:504限目 15:00~16:30
音楽表現ⅠA環境造形表現Ⅰ 
文章表現HR乳児保育ⅠピアノレッスンⅠ
児童家庭福祉保育原理社会的養護 
身体表現Ⅰ健康表現 
言葉保育の心理学Ⅰ教育原理総合表現Ⅰ

(例:平成29年度前期1年)

先輩からのメッセージ

Yさん 保育科Ⅰ部(保育士コース)

私は早く現場で活躍したいと思い、保育士資格が取得できる学校が沢山ある中から、2年制の学校に絞り、大泉保専に進学を決めました。学生一人一人に対応した支援などが決め手でした。私はピアノの経験がなく、楽譜も読めない不安がありましたが、授業での指導や自主練習を通して、少しずつ弾けるようになってきました。他の授業でも、先生方が学生の様子を確認しながら授業を進め、内容も受講しやすく工夫されていて、毎日の授業をとても楽しく受けています。2年間の中で、授業・実習・就職活動等忙しいと感じることもあると思いますが、一つ一つのことに集中して取り組み、頑張りたいと思います。

Sさん 保育科Ⅰ部(保育士コース)

私は26歳の時に社会人から大泉保専に入学しました。入学前には「社会人からの入学なので、自分より年の若い子たちの中で馴染んでいけるか?」や「男性の割合はどのくらいか?」などを懸念していました。実際に入学してみると、同年代の社会人経験者や、保育士を目指す男性もいることがわかり、安心しました。社会人からの進学という一歩を踏み出すことは、心配事もあると思います。進学を考えている方は、学校の見学会や体験授業に是非参加してみてください。年齢や性別に関係なく、同じ目標をもって学ぶ仲間がいることは心強く、大変素晴らしいことだと感じられると思います。

Nさん 保育科Ⅰ部(保育士・幼稚園教諭コース)

私は、大泉保専を卒業し保育者として生き生きと働く姉の輝いている姿を見て、私もそんな保育者になりたい!と強く思い、入学しました。最初は、専門的な授業やピアノについていけるかなど、沢山の不安がありました。ですが、現場経験を積まれた先生方からの具体的な説明や、一人一人に寄り添って指導を行うピアノの補習などのおかげで、不安がなくなり、今は楽しくて仕方ありません!また、先生方は、私たちをたくさん褒め、とても親身になってくれます。そのような環境の中で、クラスも日ごとに団結力が深まっています。

そんな先生方と仲間たちがいる私は、大泉保専に入学して本当に良かったと思います。2年間でしっかり学び、現場の即戦力になれるようプロの保育者を目指していきたいです。

Sさん 保育科Ⅰ部(保育士・幼稚園教諭コース)

これから保育・幼児教育、介護等の仕事を目指す皆さんへ。最初は不安なことばかりだと思いますが、大泉保専には一緒に解決してくださる先生方、先輩、仲間がいます。同じ夢に向かっている仲間がいるからこそ、それが励みになり、自分を支えてくれる先生方、先輩、仲間と、より一層夢に向かって頑張ろうと思えます。現場で働いていた先生方が多くいるので、実際の体験談から、子どもとの接し方、教科書にはないこともたくさん学べ、とても勉強になります。大泉保専では、毎日充実した学校生活が送れます。良い環境の中で自分の夢に向かって諦めずに頑張ってください。