卒業生からのメッセージ

HOME > 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

先輩たちは地域の保育に、介護に、情熱を愛情をそそいでいます。

保育士も介護福祉士も、社会からのニーズが非常に高い資格であり仕事です。本校が輩出してきた数多くの卒業生たちも、地元の群馬を中心に活躍中です。ともに、その職場や環境は実に様々であり、キャリアの重ね方や方向性も多様です。その中から先輩の仕事場を訪ね、現在の奮闘ぶりや今後の目標などを語ってもらいました。


Yさん 【保育科卒】

保育園勤務


学校で学んだ手遊びで子どもたちが笑顔に!

念願の保育士になり早2年。悪戦苦闘しながらも、充実した毎日を送っています。それは、大好きな子どもたちに囲まれているからです。学校で学んだ手遊びや絵本の読み聞かせなどにより、子どもたちの笑顔がキラキラと輝く瞬間が、私のやりがいにつながりました。これからも1人ひとりの繋がりを大切にし、学校での学びを基本に現場での経験を積み重ね、保育士として一生懸命頑張っていきたいと思います。


Aさん 【福祉科卒】

介護老人保健施設勤務


授業や実習を通して得たものは、

実践で役立つことばかりです。

2年間の学生生活では、人とかかわることの楽しさや難しさ、仕事へのやりがいを実感できる学びがありました。現場経験豊富な先生方の授業、実際の介護現場での実習を通して得たものは、就職してから実践で役立つことばかりです。実習とは違う仕事としての介護の難しさを実感することもありますが、その都度、この仕事の奥深さを再認識しています。介護=重労働というイメージを、楽しくやりがいのある仕事だと伝えていきたいです。